logologo

能美市九谷焼資料館

お知らせINFORMATION

特別企画「青い九谷~染付の展開~」展 ~3/15(日)

特別企画展「青い九谷~染付の展開~」展

1/15(水)~3/15(日) 於(紫の間)

欧米で「ブルー&ホワイト」、中国では「青花」ともよばれる染付磁器の技法は、中国大陸から我が国の九州の伊万里焼を経て、北陸加賀の九谷焼にも伝わり「藍九谷」の呼称で江戸時代から現代に至るまで制作され続けています。その展開を示す当館の研究資料コレクションを中心に約40点を展示。あわせて再興九谷窯「若杉窯跡」出土の染付破片60片(小松市立博物館蔵)をも展示。