九谷焼とは

源流は古九谷

古九谷「青手芭蕉図平鉢」
古九谷「青手芭蕉図平鉢」

 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で陶石が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。

 九谷の窯は1700初頭に突然に、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています。

多彩な作風

九谷焼の多彩な作風

 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。
 明治時代に入ってからは、斎田 道開(さいだ どうかい)、九谷 庄三(くたに しょうざ)らの活躍もあって、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。

九谷焼の代表的な画風

古九谷

古九谷

狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線描き、豪快で深い味わいが魅力となっています。

飯田屋

飯田屋

赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります。一見して筆舌につくしがたいほどの赤絵細密描画です。

木米

木米

古九谷が廃窯されてから約80年後、加賀藩営で金沢に春日山窯が開かれました。京都の文人画家・青木木米の指導により、全面に赤をほどこし、人物を主に五彩を使って描き込んであります。中国風の上絵といえるでしょう。

床三

庄三

古九谷・吉田屋・赤絵・金襴手のすべての手法を間取り方式で取り入れ、これらを洋絵の具で綿密に描き込んだ彩色金襴手です。明治以降の産業九谷の主流となった作風です。

吉田屋

吉田屋

青手古九谷の塗り埋め様式を再興したもので、赤を使わず青(緑)・黄・紫・紺青の四彩を使っています。模様のほかに小紋を地紋様風にして、器物全面を絵の具で塗り埋めた、重厚さのある作風で独特の雰囲気があります。

永楽

永楽

永楽和全による京焼金襴手手法で全面を赤で下塗りし、その上に金のみで彩色した豪華けんらんな作風とともに、京焼風な洗練された美しさをみせています。

九谷焼ができるまで

画像をクリックすると拡大します。

  1. ①採石

    小松市花坂山陶石場で採取

  2. ②粉砕

    陶石を細かくスタンバーで砕く

  3. ③水簸(すいひ)

    精粉になった陶石を水に浸し鉄分などの浮遊物を取る

  4. ④坏土(はいど)

    余分な水分を除き、適当な軟らかさにする

  5. ⑤土もみ

    ヒビ・ヒズミの原因となる陶土内の空気泡をなくする

  6. ⑥成形

    円形状のものはロクロを中心に、角形や置物などの複雑なものは手びねりなどで形を作る

  7. ⑦乾燥・仕上

    高台、外側の削りや、つまみ作り、縁仕上げなど

  1. ⑧素焼

    約800度で8時間焼成すると、肌色になる

  2. ⑨下絵焼

    主成分が酸化コバルトの染付呉須(紺)で絵をほどこす

  3. ⑩施釉(せゆ)

    白釉は焼成後、ガラス質で透明となり、陶磁器表面を覆う(釉薬がけ)

  4. ⑪本窯

    1300度の高熱で15時間以上焼成する

  5. ⑫上絵付

    呉須(ごす)による骨描きや、五彩の上絵の具による彩色

  6. ⑬上絵窯

    800~1000度の間の上絵窯による焼成

  7. ⑭錦窯(金窯)

    金彩、銀彩をほどこし、金窯(400度)で焼成する

 

上絵の行程

  1. 上絵の行程1
    呉須(ごす=黒)により絵模様の輪郭を骨描き(線描き)する
  2. 上絵の行程2
    水墨画のように呉須で呉須濃(ごすだみ=濃淡)をつける
  3. 上絵の行程3
    未発色の絵の具を骨描きの上に載せるように置いていく
  4. 上絵の行程4
    上絵窯により焼成され、絵の具も美しく発色し完成品となる
▶ 体験教室のご案内
ページトップ