九谷焼ができるまで

九谷焼ができるまで

画像をクリックすると拡大します。

  1. ①採石

    小松市花坂山陶石場で採取

  2. ②粉砕

    陶石を細かくスタンバーで砕く

  3. ③水簸(すいひ)

    精粉になった陶石を水に浸し鉄分などの浮遊物を取る

  4. ④坏土(はいど)

    余分な水分を除き、適当な軟らかさにする

  5. ⑤土もみ

    ヒビ・ヒズミの原因となる陶土内の空気泡をなくする

  6. ⑥成形

    円形状のものはロクロを中心に、角形や置物などの複雑なものは手びねりなどで形を作る

  7. ⑦乾燥・仕上

    高台、外側の削りや、つまみ作り、縁仕上げなど

  1. ⑧素焼

    約800度で8時間焼成すると、肌色になる

  2. ⑨下絵焼

    主成分が酸化コバルトの染付呉須(紺)で絵をほどこす

  3. ⑩施釉(せゆ)

    白釉は焼成後、ガラス質で透明となり、陶磁器表面を覆う(釉薬がけ)

  4. ⑪本釜

    1300度の高熱で15時間以上焼成する

  5. ⑫上絵付

    呉須(ごす)による骨描きや、五彩の上絵の具による彩色

  6. ⑬上絵窯

    800~1000度の間の上絵窯による焼成

  7. ⑭錦窯(金窯)

    金彩、銀彩をほどこし、金窯(400度)で焼成する

上絵の行程

  1. 上絵の行程1
    呉須(ごす=黒)により絵模様の輪郭を骨描き(線描き)する
  2. 上絵の行程2
    水墨画のように呉須で呉須濃(ごすだみ=濃淡)をつける
  3. 上絵の行程3
    未発色の絵の具を骨描きの上に載せるように置いていく
  4. 上絵の行程4
    上絵窯により焼成され、絵の具も美しく発色し完成品となる
▶ 九谷焼とは ▶ 体験教室のご案内
ページトップ